週末のマンガ

スポーツジムに行けなくて週末が暇である。平日も厳密にはやる(べき)ことは有るのだが、ジムに行けない分、平時より暇ということにしている。という訳でマンガをまとめ読み。

少年の成長を見守るマンガは大好きで、サッカーにはあまり興味は無いのだが、これには嵌った。絵は上手いとは言えないがそれを補う勢いが有り、マンガとして面白い。主人公は現在 (19巻) 急成長中で今後目が離せない。注目度は5/5。

マンガ大賞2020年度 大賞作品だったので手に取った。無為に日々を過ごす少年がふとした契機から東京芸大を目指す。僕が全く知らない美術に関する知識が興味深い。作者のしっかりと美術を学んだのであろうと思える絵柄や構図に感心する。現在 (7巻) 芸大で洗礼を受けている最中。今後の注目度 4/5。

マンガ大賞2020年度 第三位。第二位のマンガは少年ジャンプ連載ということで未読。ド田舎から東京の高校に進学した少女が周囲に良い影響を与えていく、そんな感じの話。絵がすっきりとしていて読みやすい。登場人物の構成が絶妙だと思う。第3巻目に収録される帰省の回は心を打たれた。今後話題が暗い方に展開しそうな点が懸念される。注目度は 3/5。

この機会に語学でもまとめてやれば良いと思うのだが、ジムでないとやる気が出ないでいる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。