古書店巡りは夫婦で

何度も読み返す本は何種類かに分類できる。先ず、初読時のブッ飛ぶような衝撃が忘れられず、追体験したくなるもの。僕にとっては”Da Vinchi Code”や『ハイペリオン』を始めとするSF、そしてよくできた一般向け科学書がここに入る。次に、一読では理解が及ばなかったが面白い、或いは十分な理解が必要と感じるもの。井筒俊彦の著作(『意味と本質』など)はここだ。そして、たとえ初読時の衝撃はそれ程でもなくても、何度目でも面白いと思えるもの。いわゆる波長が合う本と言えるだろうか。何度でも読む本はこのカテゴリーが一番多い。漫画でも僕が手元に残すのはこの類ばかりだ。(本を再読する理由は他にもあるし、上述の各要素が排他的というわけでもない。要はいい加減な分類なので、突っ込まないで頂きたい。) 

この「波長が合う」本は沢山あって、もう覚えていないものも多いと思う。というのも、この本を捲っていてふと『ヘリオット先生』を思い出した。これはAudibleにも入っていたので、今後暇が有れば紹介したい。表題の本はこの『ヘリオット先生』と同じハヤカワ・ノンフィクション文庫の一冊で、同類の本を探している時に手にした。

この本の面白さは宝探しの興奮と、他人が高価(で恐らくは無用)なものを衝動買いする様を安全圏から眺めることにある。話の発端は、本好きの夫婦が互いの誕生日(一週間違い)に、相手に勝るプレゼントを贈るという、一寸した競争心だ。設定金額の20ドル以内で、ナンシーは夫が愛読する『戦争と平和』の「綺麗な」(つまりハードカバーであり、綺麗な挿絵が入っており、文字が大きい)本を探しに書店を捜し歩くが、ペーパーバック又は設定額を大きく超えるものしかない。様々な書店と書店員を訪ね歩き、知人の老紳士から古書カタログ有益な情報を得る。そして悪魔の囁き。「君が今しているのは、素晴らしい冒険だよ。」

ナンシーは遂に10ドルで目当ての本を手に入れ、夫もこれを喜ぶのだが、これは更なる冒険の始まりに過ぎなかった。古書には版元や出版時期、版の違いや翻訳ものであれば訳者の違いなどに従い、もう本当に様々なバージョンが存在し、入手難度や金額が違ってくる。夫婦は古書に関する知識を深め、古書から稀覯本の世界へと踏み込み、ディケンズの『荒涼館』上下巻計700ドルを購入する。店を出て互いに一言、「あきれたな。」

その後も二人は益々知識を深めて行き、稀覯本オークションに参加したりする。この本に一貫するのは新たな世界に踏み込んでいき、知識を得て、世界が広がっていく様だ。面白くないはずがない。因みに続編『旅に出ても古書店めぐり (ハヤカワ文庫NF)』も出たが、表題本も続編も、どうやら古書店を探すしかないようだ。

古書店巡りは夫婦で” に対して2件のコメントがあります。

  1. tofranil online より:

    My husband and i felt now excited Emmanuel could conclude his investigation from your ideas he gained in your site. It’s not at all simplistic just to choose to be giving for free information that most people have been making money from. And we all do understand we have the website owner to be grateful to because of that. The explanations you’ve made, the easy site menu, the friendships you can give support to engender – it’s everything extraordinary, and it’s facilitating our son and our family feel that that idea is enjoyable, and that is highly important. Many thanks for all the pieces!

  2. seroquel prices より:

    I am commenting to let you know of the great encounter my friend’s daughter found reading your web page. She figured out numerous issues, not to mention what it’s like to have a wonderful giving mood to have men and women really easily have an understanding of selected hard to do subject areas. You really exceeded our own expectations. Many thanks for imparting the interesting, safe, explanatory and even easy thoughts on the topic to Janet.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。